機動戦士ガンダムoo(ダブルオー)2nd 第4回レビュー感想 ガンダム00今日のスメラギさん

機動戦士ガンダムoo(ダブルオー)2nd 第4回レビュー感想

気が付けば11月でございます。

相も変わらず忙殺された日々を送っておりますが、会社で仕事中に窓の外から見える木も秋から冬への準備だと言わんばかりに葉を散らし、その木を眺めて休憩をしてはまた仕事に戻り、日が落ちて夜の帳が下り、そう言えば今日まだ昼ご飯食べてなかったっけとか言いながら非常食用に取っておいたカップラーメンを食べて、また木を眺めて休憩した後仕事に戻り、朝の訪れを感じる日光を眩しく感じながらも資料をまとめ、その日の会議もなんとか無事こなし、やがて日が落ちて夜の帳が下り、空腹を感じて引き出しを開いてもカップラーメンは昨日食べたんだったっけとちょっと落ち込みながら窓の外の木を眺めて、あの葉っぱが全て落ちてしまったらわたしの命も散ってしまうのかしらと儚げに切なく思いを馳せるとか言ってる場合じゃなくて俺そういえば何時間起きてるんだっけ?と自問自答の日々。

このままではあの葉っぱよりも先に逝くかもしれません。

**************************************************
機動戦士ガンダムoo今日のスメラギさん
**************************************************

さぁ今日もやって参りました脳内垂れ流し文章でも恐れなどない!でお馴染みのスメラギスキーブログへようこそ。

仕事で会社に缶詰になるときもあれば1週間出張で移動ばかりということもありますがね。

移動時間のあまりの長さに暇つぶしに何かいいものはないかと友達に尋ねたらPSP
モンハンをやれとの教えをいただきました。
さらにPSPはウチで録画したTV番組を外で見れたりするらしいので、そりゃスゲェってことで即購入。これでコードギアスも年内に最終回まで見れそうです。

いい歳こいたオッサンがモンハンデビューするのは何気に勇気が入りましたが、少しずつやっています。
さすがに評判になるだけあって面白いし、最近のゲームって凄いなって思うくらい画面綺麗てビックリしておりますよ。まだ2時間くらいしかやってないけど。

しかしどうでもいいがわたくし初心者すぎてドスギアノスという馬鹿強い恐竜に何度となく蹂躙されております。アレか。俺のセンスがゼロということか。

あのボス強すぎてスメラギさんの戦術プランなしじゃ勝てないよ!と友達に言ったところ『アレはボスのうちには入らない』と教えられました。ウ、ウソだと言ってよバーニィ!

**************************************************
機動戦士ガンダムoo(ダブルオー)2nd 第4回レビュー感想

#04  戦う理由
**************************************************

そういえば先週アマゾンで購入したコレ届きました。
まだちょっとしか聞いてないけど、とりあえず言えることは刹那のキャラっぷりに吹いた。アレは酷い、いやむしろ凄い。間違っても会社とかで聞かなくてよかったと心底思ったね。回避不能で笑ってしまいます。ドラマCDってものを始めて聞いたんですけどこういうものなのでしょうか。アレはTVじゃさすがに出来ないだろうなと思ったけれども。


毎回毎回、関係のない前書きばかり長くてすみません。

スメラギさんだけが週に一度の癒しですよホントに。
今週も全力で癒されてやろうじゃないか!

ということで気を取り直して今回のレビューにいってみましょう。


* * *

番組冒頭ではアレルヤとソーマ嬢の幼少期が描かれておりました。
なるほどここでアレルヤはソーマ嬢に名づけられたようです。

アレルヤとは『生きていることに感謝する』という意味だそうですが、これが『どう見ても女神です。本当にありがとうございました』という意味になると「スメラギ」になるんですねわかります。

ちなみにOP後の刹那は今日も元気にフリーダムでございまして、スメラギさんに相談もなくトレミーの進路をアザディスタンに向けると豪語しておりました。
貴様というヤツは!普通に画面見ながら『てめぇ!』とか言っちまったよ!今期はそのスタイルで行くつもりかね!君も男なら聞き分けたまえ!(ムスカの顔で)

4_001.jpg

番組開始より5分弱。
ようやく我らが女神スメラギさんの登場です。

ソレスタルビーイングをまとめる立場である姫はいつも心労が耐えないため本日はどうやら体調が優れぬ様子でございます。
しかしながら力なく横たわるその姿は無防備にして猟奇的。
妖艶な大人の色香を意図せずに振りまいてしまうのはさすがわたしの嫁といったところか。

4_002.jpg

エロすぎる。これはあまりにもエロすぎる。

揃えられた足と投げ出された身体がかもし出すアンバランス。虚ろな瞳ですらも彼女の魅力を引き立てる一端を担っている。さりげなく口元に添えられた右手は艶やかな唇をギリギリで隠し我々の想像力を駆り立てる。一見何気ない左手においても細く長い指の美しさを見せ付けるものであり、左手の薬指がフリーであることを確認できて大興奮しながらも大人の男を装い「綺麗な指してたんだね。知らなかったよ」と言えるようになれば君も立派なJ−WALKERです。(<意味がわかりません)


フェルト01.jpg

めくり.jpg

フェルト02.jpg

あっぱー.jpg

フェルト03.jpg

しょーりゅーけん.jpg


フェルト可愛すぎるだろ

艦内ではブラザーとフェルトのラブロマンス。
大人になったフェルト(・∀・)カワイイ!!とか思っていたらブラザーに速攻でキスされておりました!ききき貴様!ウチの妹(的存在)に何をしている!いやもちろんフェルトには幸せになって欲しいけれども!物事には順序というものがだね!この辺が俺が昭和人たる所以か!そうか!

4_003.jpg

プトレマイオスにおいてオートドアオープンシーンはかなりの確率でスメラギさんが登場する仕様となっております。オートドアから登場するのがスメラギさんのジャスティス。

4_004.jpg

本日も完璧に着こなされた服が究極に似合っておりますが、第3ボタンまでシャツを開放することでスメラギさんのチャクラはフェロモンへと性質変化を起こし艦内へと溢れ出てしまっています。相変わらず罪な女(ひと)だ、貴方は。

4_005.jpg

「……あ」

扉の外に何かを見つけ驚くスメラギさん。
こんな素敵な女性がドアの向こうから出てきたら心臓止まるのはコッチのほうだぜ!って話ですが、わたしの周りにあるドアごときではそんな奇跡は起こらないので入らぬ心配です。

ぐぬぅ!こうなったらドラえもんに頼んであの伝説の瞬間移動ドアを出してもらうしかない!もしくはスメラギさんを探す旅に一緒に行ってもらおう!劇場版とかで!ドラえもん〜のび太と宇宙の女神〜みたいなタイトルで!なんというwktk!

4_006.jpg

「一杯付き合ってもらえませんか?」





……アレルヤ。



……何だその酒は。


……一体何をするつもりだ。



先ほどのセリフはわたしの空耳ということもあるからな。

もう一度聞こう。

じっくり考えて答えるがいい。



……一体何をするつもりだ?


3分間待ってやる。





……。




……。




……。





時間だ。

答えを聞こう。




そうか……スメラギさんと酒を飲む……か


……クックク!


フハハハハハハ!


いや、よくわかった。


それじゃ残念だけど仕方ないね。


せっかくだから一緒に言ってみようか。


いいかい?一緒に言うよ?


せーのっ……







バルス.jpg


貴様先週助けてやった恩も忘れて一体何事か!アレか!アレと同じか!ビリーと同じか!ええいスメラギさんに近づく不届き者め!ファーストシーズンに続き二度もスメラギさんと杯を交わすというのか!貴様にも一度じっくりと教育してやる必要があるようだな!スメラギさんどれほどに貴く素晴らしく美しく!貴様ごときでは近づくことすら許されぬ存在だということを!この俺が教えねばなるまい!旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火、ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えられたこの俺のメガトンパンチの餌食にしてくれるわ!!!

4_007.jpg

アレルヤの突然の訪問に唖然とするスメラギさん。

え?なに?帰ってくるなりいきなり口説きモード?美しいって罪ね。ホント。これからは文字通り馬車馬のように働いてもらうので少しくらいなら付き合ってあげてもいいかしら。やっぱり飴とムチは使い分けないとね。

4_008.jpg

スメラギさんの今期初の微笑。
会心の笑みとまではいかないもののようやく我らの姫が笑って下さいました。
クッ!まさか今期初をアレルヤに奪われるとは!いや違う!これは決してアレルヤに向けた笑みではない!酒、そう酒なのだ!お酒に向かって微笑んだのだ!やはり姫のご機嫌を取るにはお酒が必要だってことですね!

4_009.jpg

あまり長い時間微笑んでしまってはアレルヤが勘違いしかねない。
即座に自分の表情に気付き修正するスメラギさん。
アレよ。ここからはアレルヤコントロールという名の戦術プランの発動よ。ちょっとした動作や会話にも気をつけていかないとね。こんなときに言うのもなんだけど、書いてる最中に管理人が「夜神月みたい」と思ったことは内緒よ。

4_010.jpg

「安いお酒だったら飲まないんだからね」



なんという覇気!


かつて海賊王に一番近い男が話し合いをするなら高い酒を持ってこいと言っておりましたが、それをスメラギさんが言うとなんという破壊力!(色々と都合良く変換されております)

それ書いたのお前だろという事実も忘れ、こんなん言われたらウチ……ウチはもう!7番テーブルさんドンペリ入ります!今日は俺のおごりで!とか一人で楽しくなっておりますが俺はもうダメかもわからんね。


矢尾.jpg

なんと今週からコナンに変わってアロウズで指揮を取るのは俺の大好きな矢尾さんになるようです!やぁぁぁぁぁってやるぜ!(<?)
強いて言うならば指揮官ではなくパイロットで出て欲しかったが仕方あるまい!活躍のためにガンダムの一機や二機くらいなら本気でくれてやるとさえ思った俺は病気!しかしスメラギさんはやらんがね!むしろ病気はそっちかね!どっちもか!そうか!

ブシドー.jpg

ミスターブシドー!!!

思わず吹いたのは俺だけではないはず!ミスターブシドーはゾロのことだろって突っ込んだのも俺だけではないはず!だけど…MI・KA・TA!ブシドーは首都高速ですか?MI・KA・TA!グラハムの仮面舞踏会!って突っ込んだのも俺だけではないはず!(参考曲・ビリーノミカタ ―アロウズカラキマシタ―より)(ツッコミ長ぇよ)

ちなみにコナンがスメラギさんの作戦を大胆さと繊細さを併せ持つと褒めておりましたが、そんなもんはわたしが一年前からやっておりますのでそれすでに概出と書き込んでおきます。

4_011.jpg

イアンのオッサンが沙慈に戦う理由を話します。曰く、戦争を無くしたいからソレスタルビーイングにいるんだと。
刹那もマリナ嬢に逆ナンされておりましたが、軽く拒否。スメラギさんの魅力に軍配が上がったわけですね!(興奮しながら)
破壊の中からでも生み出せるものがあると言っておりましたが、それってRPGとかだと悪役のセリフじゃね?

4_012.jpg

戦場の最前線へ送られた者。
イアンはスメラギさんに対してそのように言っているように思えましたがどうでしょうか。それつまりスメラギさんの過去と受け取るべきでしょうか。ていうか何時ごろどういうタイミングで最前線へと送られたのだろうか。
我らが絶対神ことスメラギさんはそのような過去を経て戦術予報士へとなったようですが、女の過去は秘密ぐらいでちょうどいいんだぜ?(非常にウザイ感じで)

4_013.jpg

「ソーマ…ピーリス…」

美しい白い指先に掴まれたワイングラスに注がれる赤い液体。
その動作と共に聞きなれた美声によって紡がれる敵兵の名前。

今宵の酒のつまみはアレルヤの過去話というところでしょうか。

せっかくスメラギさんと飲んでいるというのに沈んだ表情のアレルヤ。貴様は今、いかに幸せな状況にいるかということがまるで分かっていないようだな。スメラギさんの女神っぷりにもっと感謝しなくてはダメなんだぜ!

4_014.jpg

ワインボトルを置くという動きすらも優雅で美しいスメラギさん。

何気にアレルヤが持ってきたワインはヴィンテージものなんですね。まぁそのくらいじゃないとスメラギさんが口にするわけもないのですが。
こないだカサンドラから出てきたばかりのアレルヤが何故にこんなものを持っているのでしょうか。イアンのオッサンのとっておきだったりしてね。

4_015.jpg

よく考えたらスメラギさんに手酌させるなんてとんでもないことをしてくれたな貴様!こういうときこそ媚び!諂い!敬わなくてどうするというのか!
ウチの部長なんか決して手酌なんかしませんからね!なんという筋金入りのジャイアン!今どきこんなヤツがいるなんて!いやわたしも滅多にお酌しませんけどね!飲み屋に入った瞬間に決してお酌できないような位置に座るのが基本なのだよ!スメラギさんがいたら隣に座ってる奴にブレンバスターかましてでも退いてもらうがね!

4_016.jpg

「確か……人革の超兵だったわよね」

テーブルに腰掛ける動きですら優雅。

ワイングラスを片手に構える姿ですら怜悧。

銀河を束ねる女神と呼ばれ永遠に枯れない薔薇と比喩されるその姿はまさに女王の中の女王。

スメラギさんはやっぱり最高だなオイ?と誰もいない空間に向かって同意を求めるわけですが、待てよ?ということは俺は薔薇の騎士となるわけで愛機はザクVですねわかります!

4_017.jpg

軽く俯くその表情もまた素晴らしいスメラギさん。
貴方を形作る全てのラインが完璧なのですよ!

アレルヤはソーマ嬢との関係を独白しておりますが、そんなことはいいからそろそろ気の利いた一発芸でも披露して姫を笑顔に変える努力をしたらどうかね。

4_018.jpg

定期的に挟んでくるスメラギさんのアップ。
これはガンダムスタッフによる心憎い配慮。
最低でも週に一度はこれがないとわたしが月も出ていないのに大猿に変化してしまうというのがわかっているようです。
ファーストシーズンの頃はよく大猿になったものですよ。(<「へ〜そうなんだ〜」って流されながら)

4_019.jpg

4_020.jpg

4_021.jpg

4_022.jpg

4_023.jpg

4_024.jpg

流れるように椅子の背もたれを撫でるスメラギさんの指先は美しいだけでなく、まるで北斗神拳の構えを彷彿させる力強ささえも兼ね備えます。
この流れをラオウが見たならば無言で黒王号から降り、サウザーが見たならば南斗鳳凰拳奥義・天翔十字鳳を出さざるを得ないほどの威力。

こ……これはスメラギの拳!(無想転生を見たラオウの顔で)

4_025.jpg

「相手は敵よ…それに貴方は超人機関の施設を…」

ソーマ・ピーリス改めマリーを取り戻したい。アレルヤはそうスメラギさんに告げます。
まるで機械のように戦う超兵だったソーマ嬢も今ではすっかり人間らしくなりましたが、それでは冷徹な超人萌えの人達の需要はどうするのかと余計な心配するわたし。
ていうか超人萌えって言われてもキン肉マンと勘違いしてしまうんだぜ?
……つまり何が言いたいのかというと、わたしは他人よりもっと自分の心配をした方がいいということですね!

4_026.jpg

「……羨ましいわ」

俺もアレルヤが裏山しぃぃぃぃ!スメラギさんとお酒飲むぅぅぅ!(<落ち着け)

アレルヤの独白の間ずっとスメラギさんの鎖骨しか見てなかったので会話の内容はよくわかりませんが、スメラギさんの鎖骨が素晴らしいということはわかる!
……だから俺はこういうところがだな(ry

4_027.jpg

「もちろんしていたわ」

イオリアの計画に賛同していたのではないか、というアレルヤの質問に対するスメラギさんの答え。
スメラギさんは戦う理由を求めているのでしょうか。
私的な意見ではありますが、はっきり言うと万が一のこともありますし、スメラギさんには戦って欲しくないですね。
できればプールでバカンスとか満喫してもらいたいし、あ、海でも全然構わないんですけど、神聖なスメラギさんの入浴シーンを鼻歌付きで頼むとか俺ハッキリ言いすぎだろうよ。

4_028.jpg

スメラギさんに対する想いを書いているうちに何を言っているのか自分でわからなくなるのはいつものこと!(誇らしげに)
ていうかスメラギさんの話すらもイマイチ頭に入ってないところが玉にキズだよね!え?むしろ致命傷?ですよね。

4_029.jpg

「わたしは自分のエゴで多くの命を犠牲にしたのよ」

なんだか今度はスメラギさんの悲しい過去を独白するターン!みたいになっておりますが、その悲しみを背負った背中を抱きしめるのは俺しかいない!ダメだ!俺やっぱりちゃんと話聞いてない!
そういえば昔、小学校の通知表でもっと人の話をちゃんと聞いて下さいって書かれたっけ(遠い目で)

4_030.jpg

「今のわたしには戦う理由がないの」

往々にして争いが起こる原因なんてものは、片方に理由がなくとも片方には理由がある。そんなすれ違いみたいなものでしょうか。

以前のスメラギさんは争いを無くしたいという想いとは別に自分の忌まわしい過去を払拭しようと思って戦ったいたようです。でもその過去は払拭できなかった。
そのことが戦う理由が見つからない原因になっているようです。


4_031.jpg

「……ここにいる理由も」

スメラギさんがここにいる理由。それはわたしとしても何とも言いがたいがわたしがここにいる理由は言うまでもない。
少なくともわたしにとって貴方は、ソレスタルビーイングの連中が貴方を必要と思っている以上に必要であるということを言っておく!

4_032.jpg

「……そんなの」

アレルヤがスメラギさんに向かって「ここに居る理由はあると思います」とか言いやがりましてね!何だと貴様!そんなの俺の方が思ってるっちゅうねん!わたしだって!

スメラギさんがここにいる⇒わたし大喜び

あると思います(天津木村の顔で)

まぁわたしの話は置いといて、うつむくスメラギさんもセクシーで素敵なんですが、表情は暗くなるばかり。ううむ、本日も笑顔は一瞬で終わってしまうのか。むしろあっただけマシと考えるべきなのか。そんなファーストシーズンのラストのほうみたいの嫌なんですけど。

4_033.jpg

スメラギさんの大アップキタコレ!
美しい髪の切れ間から覗く、鋭い眼光を纏った瞳。こんな眼で見つめられた日にゃ半ば強制的に傀儡にかかってしまうのも無理はないって話ですよ。
なんという瞳術!なるほどこれが噂に聞く写輪眼を越える血継限界ですねわかります!

4_034.jpg

そういえば別に俺は瞳術を食らうまでもなく、とっくにアンタのマリオネットだったと思い出しました。もつれた糸に絡まってスメラギさんのために踊ります。

美人がいつまでも暗い表情ではイカン!そう!踊りだ!アレルヤとのマズイ酒を忘れさせるためには俺が踊るしかない!ここは一発気合を入れてギニュー特選隊を彷彿させる喜びのダンスを踊りましょうか!え?それはまた次の機会に?

4_035.jpg

「戦う意味……見つけられますよ。貴方になら」

アレルヤとの会話が頭の中で反芻するスメラギさん。
本日はその麗しい美顔のアップを何度となく披露していただけるので嬉しい限り。
ただそこに居るだけで周りの風景すらも歪ませかねない―――美の塊。
なんという偉容か!その美顔はすでに威力!スメラギさんセクシー!(<?)

4_036.jpg

なにかやっぱりスメラギさんの転機となるような出来事がないとダメかもわからんね。
これほどに俺が愛を叫び、喜びのダンス……は止められたが喜んだとしても通じぬこの想い!く、口惜しいぞガンダムスタッフ!
アップになっても次の瞬間にまた俯いてしまう姫を、俺の姫をなんとか笑顔に変えてくれるように頼む!

4_037.jpg

机に立てかけられた写真。それは先週スメラギさんが眺めていたものでした。
2度もこの写真が話題に出るとは思いませんでしたが、スメラギさんが見れるのならばそれもまた良し!やっぱファーストシーズンのスメラギさんの笑顔は素晴らしいな!でも今期だって負けていないはず!俺たちの戦いはこれからだ!いやそれだと終わっちゃうんだけども!

4_038.jpg

「もう一度わたしにできるかしら」

ロックオン、クリス、リヒティ、モレノ。以前の戦いで失った大切な仲間たち。
彼らを失ったこともスメラギさんが心を痛めている原因のひとつのようでした。
普段は気丈に振舞っているスメラギさんも本当はこんなにも弱い心を抱えているということがわかります。
いやわたしはとっくにわかっておりましたとも。そんなスメラギさんがまたイイということも、な?

4_039.jpg

「世界と向き合うことが…そして大切な人を護ることが」

出来る。アンタになら出来る。俺が断言する。
アンタの登場以来、誰よりも見守ってきたこの俺が断言する!アンタ以外にできる奴はいない!やってみる価値ありますぜ!(<?)

4_040.jpg

今はまだ心の傷の癒えぬまま戦場に立つことになるだろうが大丈夫だ。
俺たちが!いや俺がいる!アンタが笑顔を取り戻す日まで!俺もアンタと一緒に戦い続ける!どんなことがあっても俺がアンタの味方だ!だけどMI・KA・TA!それはもういいか!そうか!ていうか俺の男としての器っぷりに惚れれ!

4_041.jpg

「……エミリオ」


こ、この女神ったらまたなんという伏線を!
スメラギ!恐ろしい子!

などとわたしがのん気に青ざめていますがトレミーは順調に進路を取り、ホルムズ海峡を抜けようとしておりました。
いやミレイナもアナウンスとかしてないで俺の話を聞いてくれよ!だってな!さっきな!スメラギさんがただならぬセリフをだな!

4_042.jpg

わたしの大乱叫をよそにスメラギさんはいち早く周辺の異変に気付いておりましたが、それと同時にトレミーに向かって魚雷が発射されます。なんということ!
しかしさきほど魚雷を越える一撃を食らったわたしはまだ戦線に復帰できそうもありません。衛生兵!衛生兵はどこだ!えーせーへーい!(<うるさい)

4_043.jpg

なんと先ほどの魚雷の衝撃でウチの儚くも貴い美人天才戦術予報士がイスから落ちてしまったようです。
きっさまぁ!俺の嫁が怪我でもしたらどうするというのだ!矢尾さん!アンタか?アンタの仕業か!?ガンダムはやると言ったがトレミーは、スメラギさんはやらせはせんぞ!

4_044.jpg

衝撃の中、イスに掴まり立ち上がるスメラギさん。
クソッ!この場に俺がいれば紳士的に手を差し伸べたというものを!え?イスになってるんじゃないかって?そ、そんなことないよ(視線をそらしながら)

4_045.jpg

エロすぎる。スメラギさんアンタやっぱりエロすぎるぜ!
毎週毎週わたしは本当に変態だなと自分に感心すらするわけですが、色々と想像をかきたてるようなポーズをするスメラギさんが罪なんですよ!いやそんなポーズをさせるガンダムスタッフがだな(<責任転嫁)

4_046.jpg

「……新型!?」

GNフィールドを張っているにも関わらず、トレミーが衝撃で揺れまくります。
前半で矢尾さんがお偉いさんに借りていた新型トレロバイトは水中でも自在に動けるモビルアーマーのようですね。
ガンダム発進する間も与えずに先制攻撃とは。やはり矢尾さんはコナンとは一味違うというわけですね。ならばこっちもやぁぁぁぁってやr…(<それはもういい)

4_047.jpg

俺の嫁が!!!

雨のように降り注ぐミサイルの衝撃でスメラギさんが壁にぶつかってしまいます。
これはもう矢尾さんの作戦グッジョブ…いや違う!なんてことをしてくれたんだ!
俺たちの女王が怪我でもしたらどうしてくれるつもりかね!いやスメラギさんあまりにもセクシーですけどね!だからそんな話をしてる場合ではない!(<したのは自分です)

4_048.jpg

ミサイルの衝撃を壁に寄り添って耐えるスメラギさん。
そろそろ今週もいい感じに盛り上がってきましたが、スメラギさん自身のピンチは望んでなどいない!俺が欲しいのは華麗な戦術で敵を蹴散らして美味しそうに酒を飲むスメラギさんだ!とりあえずアンタは俺が護る!

4_049.jpg

衝撃に耐えながらも冷静に敵の攻撃を分析するスメラギさん。
ここはひとつ一刻も早くブリッジに行って指揮を取ってもらわねば!
そういえば前半のくだりからいってブシドーさんもやっぱ来ているんでしょうね。
矢尾さんとブシドー兄さんのタッグは手強そうです。

4_050.jpg

なんとかブリッジに向かうスメラギさん。
歩くその姿すらも神々しく、王者の風格さえ漂わせております。
この圧倒的に不利な戦況を!
世界さえも変えてしまえそうな存在は僕の目の前に!
スメラギ・李・ノリエガが命じる!世界はわたしに跪け!

4_051.jpg

なんだかんだ言いながら今日はよく動いてくれるスメラギさん。

一瞬溜めて……

4_052.jpg

ナナメ45度のスパロボ的カットインポーズ!

このポーズがかつてこれほどまでに似合った艦長がおりましたでしょうか。いやいない。そんな奴は存在しない。火事場のクソ力を取り戻したキン肉マンのように気合十分なスメラギさん。ソレスタルビーイングにケンカを売ったことを後悔させてやるがいい!

4_053.jpg

リアルタイムで戦況を読み当てるスメラギさん。
なんという女神っぷり!なんだただの女神か……では済みません。そんな簡単な一言ではこの才気煥発の極みを言い表すことなどできはしないのです。
それでも敢えて、敢えて一言で表わすというのならばこう言うがいいでしょう。

スメラギさん大好き!

(恥ずかしがらないところがポイントです)

4_054.jpg

「ラッキーね。わたしたちは」

突如として変わるBGM。そしてスメラギさんのキメポーズ。これが反撃フラグでなくて何だというのか。
敵の新型の攻撃によりトレミーの被害は甚大。それでもクルーに不安を与えさせないのはスメラギさんの器の成せる業。
……アレ?ちょっと待って?さっきまで落ち込んでたのに……俺の嫁(・∀・)カコイイ!!

4_055.jpg

絶望的な状況において尚、不敵な笑みを浮かべるスメラギさん。

スメラギさん復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

今日もすでに50枚以上キャプチャしてて疲れているはずのこの俺に元気が沸いてきただと!?これが俺とスメラギさんのバイオリズムシンクロの力というものか!力が溢れてくる!(超神水を飲んだ悟空の顔で)
矢尾さんには申し訳ないがあのザクレロもどきみたいのにはスメラギさんのために海の藻屑となっていただきましょうか!

ティエリアがいきなりトランザム全開にしておりましたが、今期のセラヴィーガンダムのトランザムは究極のヒッティングマッスルこと鬼の形相ということで、セラヴィーの中身はナドレ改め範馬勇次郎で決まりのようです。

4_056.jpg

スメラギさんの美しい表情に見とれるのも束の間、ダブルオーの圧倒的な力の前に一瞬で敵機が撃墜されます。なんというチート。
そして今度はティエリアがトランザムということで、やれやれトランザムのバーゲンセールかと呟いていたらブシドー兄さん登場。この人らしさは相変わらずのようで安心しましたね。

4_057.jpg

( ゚д゚) スメラギさんの尻……だと……?

ビリーのくだりでいよいよ本格的に敵対しちまったなぁと油断していたところで、突然現れるスメラギさんの尻。


ガンダムスタッフその心意気や良し!


下半身しかまだ映っていないにも関わらず一瞬で見極めるのもどうかと思うが、敢えて言わせてもらう!俺は!スメラギさんの!尻を!見間違えたりしない!(ドン!)(←ワンピース的効果音)

見よ!この女神のみに構成可能な究極のバランスを!腰から始まるバツグンの丸みを帯びた脚線美を!少しだけ見える背中というか腰のチラリズムを!我々は今!歴史的瞬間に立ち会っているのだ!

4_058.jpg

「サイズ合わないの……キツくて」



( ̄Д ̄;)!!





……。



…………。




・・・・・・。






(T^T).jpg


番組終盤も終盤、ホントのラストで最強の視聴者サービスをしてくれるスメラギさん。これほどまでに感動を与えてくれたのは水着&シャワーシーン以来のことじゃないでしょうか!ダブルオーの2期始まったけどなんか足らないと思っていたらスメラギさんのヘソだったか!なんというエロス!

これはもうすでにエロスというか威力!むしろ破壊力!


スメラギ×ヘソ×恥じらい=破壊力ッッッ!


その制服の中に窮屈そうに収められた胸は組んだ腕によって強調され、

それにより衝撃と化したエロスは正確にわたしの顎の先端を捕え、

わたしの脳を頭骨内壁に、あたかもピンポンゲームの如く繰り返し振動激突させて典型的な脳震盪の症状をつくり出し、

既に意識を分断されたわたしの下顎へダメ押しのヘソのチラリズム。

ローライズなパンツを利用した恥骨の芸術的ラインは、わたしを更なる遠い世界に連れ去り――

全てを終わらせた!!!
その間、実に2秒!!!

これが、ダブルオー2期における女神の、ベストコンディションの姿である!


思わずの刃牙のナレーションが入るほどの衝撃だったわけですが、この感動を!熱い思いを!どう伝えればいいというのか!英語で言うとシューゾーマツオカ!?(<それは違います)

コスチュームに関してはスメラギさんも勘違いしているようですし、読者の方にも謝った認識をお持ちの方がいるかもしれませんが、決してサイズが小さいわけではなく、これで合っているのです。

今回ソレスタルビーイングに導入されたユニフォームの素材ですが、およそ300年前にとある戦闘民族がバトルスーツとして利用していたもので、その説明は当時の王子だった方の言葉を引用すると

『強引に着てみろ。そいつはやわらかくて引っ張ればドンドン伸びる。地球でこの俺が大猿になったときにも破れはしなかっただろう。だが、衝撃には相当に強いぞ』

となるわけです。どうでもいいがオカッパはスメラギさんの尻を見すぎだろ。

4_059.jpg

慣れない新型のスーツに戸惑うのも無理はありませんが、そのはにかんだ表情もまた最高です。
イアンのオッサンがいきなりセクハラしておりましたし、しっかりとミレイナに突っ込まれておりましたが、今回ばっかりは禿げ上がるほど同意せざるを得ない。禿同!

ユニフォームひとつ取ってもここまで着こなせるのはソレスタルビーイング、いやダブルオーにおいてスメラギさんを置いて他に存在しないでしょう。
やはり貴方はなくてはならない存在なんだ!スメラギさん!

4_060.jpg

ソレスタルビーイングのメンバーがスメラギさんの本格的な復帰を喜び、またしても困ったような表情をするスメラギさん。
何はともあれこれでソレスタルビーイングも完全復活。
来週以降はファーストシーズンと同様にスメラギさんの素晴らしい戦術をまた堪能することができそうです。

ビリーも軍に復帰してモビルスーツ開発主任に着任。あろうことかスメラギさんを逆恨みしているようでしたが、我らが女神に勝つことは不可能という現実もわからないとは可哀相な奴め。何度でも言わせてもらうがスメラギさんは俺が護る!ビリーごときにやらせはせんよ!

4_061.jpg


俺の嫁の笑顔は世界一ィィィ!!


スメラギさんが笑った――――ッ!!!

一体この日が来ることをどれだけ待ったことか!2期に入ってしばらく経ったというのにかなりヤキモキさせていただきましたとも!これを持ってようやくわたしのダブルオー2期のスタートとさせていただく!これより進水式をとり行う!

俺はスメラギさんのヘソのために(ガッ)(タルに足をかける)

俺はスメラギさんの尻のために(ガッ)

俺はスメラギさんの笑顔のために(ガッ)

俺はスメラギさんという存在そのもののために(ガッ)


だから行こうぜ!グランドライン!(ガコォッ!)


この後半に来ての怒涛のようなスメラギスペシャル。寝てないのも相まっていい感じにわたしも壊れておりますな。なんでブログの更新にエスカップが必要なのかとか目の前の空き瓶に疑問を感じても問うてはならない。元気発進!

しかしよく考えてみると刹那なんかよりもよっぽどスメラギさんの方が丁寧に心情を描かれているような。やっぱ本当の主人公はスメラギさんだったって話ですね!これからのスメラギさんの快進撃から目が離せませんね!


ということで、今週のスメラギさんの登場は以上になります。

いや、なんというか終わってみると物凄い大ボリューム(汗)
本格的に平日の睡眠時間が足りなくなってきているだけでなく、土日すらも寝ていない感じになってきていますが、色々と自重しよう、自分。
しかし今回はスメラギさん大活躍&エロス&笑顔だったので大満足。
ヤキモキしながらもちゃんと復活してくれたことで喜びもひとしおですよ。

ではまた次回!



posted by スメラギ at 05:46 | Comment(11) | ガンダム00
この記事へのコメント
今回もキャプチャ数がパねぇっすwww
この出番の多さは、やはりスタッフの愛なんでしょうねぇ〜
ただ出番が多いだけじゃなく、サービスシーンもいろいろあるしで・・・
00の中心にいるのは実はスメラギさんである気がしてならないw

今回のブログはバキネタ多くてワロタwww
あとMr.ブシドーは笑ってもしょうがない、どー考えても狙っているからwww だがそこがいい!(ぉ 

Posted by X105E at 2008年11月02日 14:44
お疲れ様です!!
4話でスメラギマイスターである管理人様が
喜ばれたようで、こちらも嬉しいです。

先程5話を見ました。
一番印象的だったのはライルの、
「逃げんなよぉ…逃げんじゃねぇよ!!
アロウズゥーーッ!!!」
とニール以上に怒りを露わにした場面でした。

ブシドーは…相変わらずでしたね。
「興が乗らん!!」は、非道なやり方に対しての
言葉か、 はたまたOOがその場にいなかった事への言葉なのか…。

アロウズはやり方が残酷すぎて見てられません。
おまけにヒロシまでマリナの国を焼け野原に…。
1期23話のキャプ感想で管理人様のセリフを
借りれば、
「おのれ!許さんぞアロウズ、ヒロシ、沙慈!
貴様らか。全て貴様らのせいか!
貴様らのせいでスメラギ姫の笑顔が
消えたじゃないか!
もう許さん!絶対に許さん!!
ミサエを呼んでくるしかない!」です。
Posted by GT-160 at 2008年11月02日 19:43
第4回のレビューお疲れ様です!!
管理人さんがやっと、喜んでいただける様な
スメラギさんの笑顔が見れて、こちらも読んでいて嬉しくなってしまいました(*^_^*)

今回は、ワンピースネタが満載で嬉しい限り!!

でも管理人さん、あまり無理しないで下さいね。
Posted by ばぁ at 2008年11月02日 22:37
こんにちは☆今回も多忙な中、本当にお疲れ様です(^^;)管理人さんが倒れてしまったら…スメラギ姫が悲しみますよっ☆(う〜む…看病されてみたいかも♪妄想中)このブログはもう体の一部になってしまっているようで楽しみで仕方ない☆細かい描写と洞察力(^o^)ガンダム見てない人にでも分かりやすい解説☆例え方にしても巧妙で天才的です!(爆笑ウェーブ倒れたよ(^^;)まじで)今回はスメラギ姫☆大活躍でしたね(^o^)最高!!サービスカット満載で本当、スタッフ〜ぅやりやがった(笑)姫とアレルヤの距離感が気になります☆酒を酌み交わしたせいなのか?今日、5話目はアイコンタクト送り合ってたね☆アレルヤになりたかったっす♪マリーがいるから安心してますが(^-^)vしかし、今回、全くビリー触れずでしたね☆忘れた頃に来るのでしょうね?ミスターブシドーかなりツボです☆とにかく堪らんです☆何を言ってくれるのかいつもワクワクして散歩に出掛ける前の犬みたいになってますよ☆これからも気力だけは負けないでスメラギ姫の為fight!!
Posted by BAL at 2008年11月03日 04:56
今回もありがとうございます!!管理さん!!
それにしても、スメラギさん、本当にカッコ良かったです!!
ほんとアンナ良い女性いませんね!!
でも、管理人さん、お仕事マジできつそうです・・
私のような最近の雇用状況悪化にビビっている品人間があなたの事心配するのは失礼なのはわかってます、ですが、心身の健康はまじで気を付けて下さい!!
私も、「月光」や「拝啓、15の君へ」を聴きながら号泣するほど人間関係で病んでますが、貴方のこのスメラギブログを見てて本当に気がなごみます!!
毎週、ありがとです(^_-)-☆
Posted by とある人の親衛隊隊長室掃除係(^v^) at 2008年11月04日 22:17
スメラギさ〜ん♪ハートw
しかし、笑えます。
このブログお気に入り決定!
今度、スメラギさんのサービスシーンを
一挙にまとめて下さい。
頼みましたよ!
Posted by ぺん at 2008年11月06日 11:13
 せっかく矢尾さんが出たのに、あまり
活躍しなくて残念でしたね....。追撃・掃討
作戦しか(?)能の無いアーバ=リント少佐では
役不足だと思います。もっとも、スメラギさん
の引き立て役という意味では矢尾さんぐらいの
ビッグな方が相応な気もしますが。。

 マリナ姫の顔が脳裏をよぎったせいか、
刹那は詰めの甘い立回り。水中のMAを片付け
敵母艦を沈めれば今回の戦闘は終了、のはずが
なんでわざわざ海上に出るかなぁ。艦船を攻撃
する際は弱点である艦底部を狙うのが常道で
(爆撃よりも雷撃を受けたほうが艦は早く沈む)
なおかつ、海上に出なければ熱烈な追っかけ
グラハム=エーカーと鉢合わせすることもなかったのに。
(アヘッドは泳げないみたいなので)

アレルヤは....マゾなんでしょうか。
以前と比べ丸くなったとは言え、相変わらず
アレルヤに対しては当たりのキツいソーマに
イジメられに飛び出して行くとは。まったく
不思議な子です。

第5話はちょっとグロいです、夕方の時間帯に
しては。 
  
Posted by とおりすがり at 2008年11月07日 19:55
熱い更新でしたね!
この回は見ていて、ラストでうわあ、これはスメラギさんブログの管理人さん壊れただろうなーって思っていただけに、期待していました(笑)
期待通り…ていうか、期待以上でした!
第2期はスメラギさんの登場多いし、これからもブログ期待してます。

あ、私、スメラギさんのことも好きですよー。
格好良いお姉さんは好きです。
(同性なので、変な意味ではないですよ(笑))
Posted by Mika at 2008年11月08日 00:25
いつもコメント本当にありがとうございます。
コメントを見るたびに更新を頑張る力をいただいております。
相変わらず独りよがりなブログですがこれからもよろしくお願い致します。

>X105E 様
いつもコメントありがとうございます。
今回のスメラギさんの神っぷりは本当に凄かった(愛)
もう突発的にバキネタのアレしか出てきませんでしたw
ブシドーさんは一応突っ込んでおいたけどやっぱ狙ってますよねw

>GT-160 様
いつもコメントありがとうございます。
今回は本当に大喜びでございました!スメラギさん女神!
第5話は先ほど見させていただきましたが、ロックオンとブシドーさんは印象的でしたね。「興が乗らん」は非道なやり方に対しての言葉だと思いましたが、00と言われればそちらも有り得ますね。
てか私のセリフなど恥ずかしすぎて思わずのけぞりました!気絶しそうであります!
来週以降はヒロシ要注意ですね。ミサエに期待する!

>ばぁ 様
いつもコメントありがとうございます。
今回のスメラギさんの笑顔を見るために2期復活したようなもんですwww
なんかワンピースとか色んなネタを入れてしまいましたが、楽しんでいただけたのなら幸いでございます。
また次回もよろしくお願い致します。

>BAL 様
いつもコメントありがとうございます。
こんなブログでも楽しみにしていただけているようで本当に感謝致します。
まぁ仕事で物理的にどうにもならない限りは倒れてでも更新したいと思っております故、スメラギ姫を悲しませるようなことはしない!存在がすでに悲しいか!そうか!
第5話も先ほど見させていただきましたので、次回も無事更新できそうです。
またよろしくお願い致します。

>とある人の親衛隊隊長室掃除係(^v^) 様
いつもコメントありがとうございます。
今回のスメラギさんはカッコ良かったし、サービス満載で最高でした。
こんなわたしのお気遣いまでいただける貴方がそんな悩みを抱えていらっしゃるとは!ううむ。今は凄く大変な時期なんだと思いますが、ウチみたいなブログで申し訳ございませんが気分転換にでも使っていただけたらと思います。
次回もまたよろしくお願い致します。

>ぺん 様
コメントありがとうございます。
ウチをお気に入りにいれていただけるなんてもったいないお言葉。
スメラギさんの画像はすでに数百枚に上るわけですが、今度サービスシーンのみを集めて作ってみたいですね。
これからも宜しくお願い致します。

>とおりすがり 様
コメントありがとうございます。
矢尾さんの登場は嬉しかったですね〜。キャラ的に役不足はわたしも感じますが、確かにスメラギさんの相手をするという意味では矢尾さん最高です。
戦術に関する知識もお持ちのようで凄いですね。ボケーっと見てるわたしはお恥ずかしい限り。
第5話は先ほど見させていただきましたが、ホントにちょっとグロかった(汗)
曇ってしまったスメラギさんの笑顔がまた戻ってくれる日が来ることを願うしかないですね。
またよろしくお願い致します。

>Mika 様
いつもコメントありがとうございます。
ご期待に添えられましたようで何よりでございますww
まぁ大方の予想通りだと思いますが壊れすぎだろ自分。いやでもアレは仕方がなかった。なんていうかスメラギマイスターとして。
第2話以来スメラギさんの登場が多いのでわたしも嬉しいです。
そしてスメラギさんが好きな気持ちは負けません!って別に勝負じゃありませんね。そうね。
格好いいお姉さんは最高ですよね。
また次回もよろしくお願い致します。
Posted by 管理人 at 2008年11月08日 12:03

スメラギさん!復活万歳!!!!女神再臨!!!!!



こんばんは!すっかりコメントが遅くなってしまいました・・・

にしてもMr.ブシドーってwゾロ?ですよね?ビームサーベルで三刀流とかやったら確信犯ですよ。(笑)


Posted by 天師 at 2008年11月08日 18:34
>天師 様
いつもコメントありがとうございます!
コメントはいただけるだけで非常にありがたいので遅いとか早いとか関係ありませんよ!むしろ遅いのはわたしの返事のほうかと(汗)
ブシドーさんはきっと今期はあの路線で行くんでしょうね。確信犯なのは間違いないですねw
Posted by 管理人 at 2008年11月15日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。